メンタルケア

セドナメソッドで人間関係が変わった!わたしの体験談

過去や今現在に持ち続けている不快な感情、怒り・悲しみ・嫉妬・後悔・心配・ストレス・欲求不満・恐れ…etcなど、自分にとってマイナスな感情を手放すことが出来る方法を教えてくれるのが、セドナメソッドです。

もちろん、たった今感じた不快な感情も簡単に手放せます。

いろいろなメソッドを試しましたが、このセドナメソッドが一番効果的でした。感情を完全に手放すと、心の中がものすごくスッキリします。そして不思議とその感情の原因となった人、事が自然と自分から離れているのです。

時間も場所も問いませんので、通勤電車の中やオフィスでも、簡単にできますので試して見てください。
解放したい感情をリストにしておくのもいいと思います。

 

セドナメソッド解放の手順

1.今この瞬間に感じている、感情を感じてみます。
不安に感じてることや心配事など、強い感情である必要はありません。

2.この感情を手放したいですか?
  この感情を持ち続けたいですか?
  この感情を認めること(迎え入れること)はできますか?
などの質問を自分に問いかけてみます。「はい」「いいえ」のどちらの答えもOKです。
質問が重要なのではなく、解放し、持ち続けることをやめる経験へと向かわせる様に
考えられているからです。

答えが何であれへ進みます。

3.この感情を手放しますか?
  考え込むことは避け「はい」か「いいえ」のいずれか頭に浮かんだ答えを素直に口にしましょう。
答えが正しいかどうかは関係ありません。

4.いつ?
  今!
今!で不快な感情を手放します。
不快な感情が体から抜けて空に放出されるイメージで私は行っています。
拳を握り締め、感情の開放と共に手を開くというやり方もおすすめです。
感情が爆発して消え去るというイメージでもいいと思います。

解放しやすいイメージをいろいろ模索してみてください。

5.1~4のステップを、その感情から自由になったと感じるまで、繰り返します。

どうしても手放せないときは、その感情を認めると、手放せることがあります。
無理に手放す必要はないのです。
「今自分は怒ってるんだね?」「はい怒っています」「その怒りをこのまま感じてみる?」「はい」
などのように、怒りの感情に抵抗するのではなく、ただ迎え入れることで努力なく解放できることもあります。

 

 

セドナメソッドを行っていくうえで期待できること

  1. 日々の活動がより楽で効果的で楽しくなる
  2. 問題解決能力がアップする
  3. リラックスして、自信に満ちて行動できるようになる
  4. ポジティブな感情が増える
  5. 他社への愛増す
  6. 新しいことが始まる。

 

わたしの体験談

実践すると気持ちが軽くなりませんか?

わたしは仕事で合わない人がいて、仕事をするのがすごく辛い時期があったんですが、セドナメソッドで合わない人を手放し続けたら部署を変わったわけでもないのですが、かかわることが一切なくなったのです。

正直、おどろきでした。

セドナメソッドで手放したとき、すごくすっきりとした日がありました。その日を境にピタッと仕事でかかわることがなくなったのです。

みなさんも、嫌なことはどんどん手放してみてください!